発祥の地bannar
日本初の民営洋式造船所 発祥の地
 [にほんはつのみんえいようしきぞうせんじょ はっしょうのち] 


場所
東京都中央区佃2丁目
コメント
隅田川にかかる 中央大橋を渡って佃島に入ると, すぐ左(東)側に 川沿いの 「石川島公園」が広がる。高層アパート群を東側に回り込むと 写真の発祥碑が建っている。

碑文に書かれている通り, この地は かつて石川島重工業の佃工場があった場所。 1973(昭和48)年に起ったオイルショックにより 高度経済成長は終焉を迎え, 石川島重工業創業の地である佃工場では, 製品の大型化や 周辺環境の変化に伴い 操業に問題が生ずるようになり, 工場の集約・再編のため 1979(昭和54)年に 佃工場を閉鎖。 ここに佃工場126年の歴史は幕を閉じた。
その後 跡地は 三井不動産・日本住宅公団に売却され, 「大川端リバーシティー」として 高層アパート群として生まれ変わった。

撮影日
2005年6月
碑文
日本初の民営洋式造船所 発祥の地

米国ペリー艦隊が来航した1853年(嘉永6年) 幕府の命を受けた水戸藩がこの地に石川島造船所を創設した。同造船所は洋式帆装軍艦「旭日丸」をはじめ, 日本人によって設計, 建造された最初の蒸気軍艦「千代田形」など数多の艦船を次々と建造, 造船技術を通じてわが国産業の近代化に大きく貢献した。
明治維新後の1876年(明治9年) 平野 富二により わが国初の民営洋式造船所として再スタートし, その後1889年(明治22年)に は 渋沢 栄一などの協力により会社組織となり, 有限責任石川島造船所, 株式会社東京石川島造船所の社名の下, 明治から大正・昭和にかけて, 多くの軍艦・商船を世に送り出してきた。この地での造船事業は 1939年(昭和14年)造船部門の東京深川区豊洲への移設によって幕を閉じた。
その後, 石川島重工業株式会社, 石川島播磨重工業株式会社と社名が変更される中で, 当地は日本屈指の重機械類の専門工場として活躍してきたが, 1979年(昭和54年)の工場大移転により,その長い歴史を終えた。

<写真> 初の蒸気軍艦「千代田形」


 
民営洋式造船所発祥の地碑 大川端リバーシティー
民営洋式造船所発祥の地 碑
大川端リバーシティー