発祥の地bannar
生コンクリート工場発祥の地
 [なまこんくりーとこうじょうはっしょうのち] 


場所
東京都墨田区押上1丁目
コメント
京成電鉄・押上駅は, 地下駅の工事が進んで 周辺の様子も一変した。
未利用地がたくさんある中で, 京成橋に向かい合う 京成電鉄本社ビルの西側に 複数の生コンクリート工場が ならんでいる。 その一つが 東京エスオーシー で, その工場の道路に面した側に 発祥碑が建っている。

生コンクリートは “レディーミクストコンクリート”,“レミコン”とも呼ばれるが, 通常は“生コン”と略称される。
かつて コンクリートは 建築現場で セメント・砂・水を混ぜて作っていたが, 磐城セメント(株)〔現在の 住友大阪セメント(株)〕が 1949(昭和24)年に 東京コンクリー工業(株)を設立し, 工場でセメントの製造を行ない 専用の運搬車で 建築現場に運搬する, いわゆる 生コンクリートの工場生産が始まった。
初期には ダンプカーで運搬していたが, 運搬途中に生コンの分離が起こるため 現場で練り直すなどの手間をかけていた。その後 現在使われている ミキサー車が開発されて 1952(昭和27)年ごろから 使用されるようになり, 生コンが急速に普及した。

撮影日
2004年11月
碑文
生コンクリート工場発祥の地

昭和24年11月, 当社の前身である磐城コンクリート工業株式会社が, 当地で我が国初めての生コンクリート工場の操業を開始しました。
  東京エスオーシー株式会社
    業平橋工場
      50周年記念
    平成11年11月

      強度150N/mm2のコンクリートで作成しました。

生コンクリート工場発祥の地碑 東京エスオーシー(株)業平橋工場
生コンクリート工場発祥の地 碑
東京エスオーシー(株)業平橋工場