発祥の地bannar
石水発祥の池
 [いしみずはっしょうのち]


場所
山梨県韮崎市穴山町
コメント
JR中央本線の穴山駅から 東におよそ1km。
駅から 能見城跡を挟んでちょうど反対側の位置に 城源院という寺がある。 その200m程東の 畑の中に 手押しポンプがあって, 「石水発祥の池」という手書きの説明板がかけられている。

「石水発祥の池」に関しては ほとんど資料がないため, 碑文に書かれた以上の 背景は不明であるが, 昔からこの地には湧水が出ていて 名水として地域の人たちに 親しまれていたらしい。そのため この地域は「石水」という地名が起こり 今日に引き継がれている。

写真で分かるように この説明板には「発祥の地」ではなく「発祥の池」 と書かれている。まさか書き間違えたのではないと思うのだが, 「石水」とは 以前は池だったのだろうか?

この水は現在も飲むことができ, 水呑み用のコップも置いてある。 実際に飲んでみたところ, やや金気があるような味で, 申し訳ないが あまり美味しく感じられなかったのは 我ながら意外だった。 都会の水道水に舌が慣れてしまったせいなのか...

撮影日
2007年10月
碑文
石水発祥の池

 昔, 巨岩の間に湧き出る清水をこの郷人は 生活の糧として来たことに起因して石水の地 名となったと言い伝えられている。
 旧家, 守屋家に残されている万延元年 (1860年)十一月藤原英成書『石水の記』に 「この井ひさめ降るにも濁ることなく日照 りするにも涸れることなく, ここは浅かれ ど縄にて汲みあぐる労もなくただひさごひ とつをもっておもうままに汲みとるるなり, かくて水はいとかろく, 冬のあしたに面をあ らうときは, ひややかなるを覚えず, 夏も暑 さをわするるよすがとなる, 木の芽を煮ては 世の外なる楽をなし, この清水にてつくりた る酒は浮世のちりを払う。まことに石井の 名におふとこしえに, たゆるなく生井栄井と いやさかえにさかえつついいしれぬ水なり」 と称賛している。
 平成十二年一月地区組員の総意により二月 保健所の水質基準に適合していることから, 愛飲を呼びかけることになりました。
        平成十二年四月  石水地区

石水発祥の池看板 手押しポンプ
石水発祥の池 看板
手押しポンプ