発祥の地bannar
工業都市川崎発祥の地
 [こうぎょうとしかわさきはっしょうのち]


発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

場所
神奈川県川崎市幸区堀川町
コメント
JR東海道線・川崎駅から北東に500m。
川崎駅西口前に広がる“ラゾーナ川崎プラザ”という巨大なショッピングモールから “ソリッドスクエア”を越えた先に“かわさきテクノピア”と呼ばれる区域がある。 この一角にある“川崎市産業振興会館”前の植え込みの中に 「工業都市川崎発祥の地」の碑が建っている。
この碑は 今年7月にできたばかりで,新品ホヤホヤ状態。

川崎市は 神奈川県の東端,東京都と横浜市の間にある工業都市。
江戸時代には 東海道の宿場の一つとして賑わったが,1872(明治5)年に 新橋-横浜間の鉄道が 敷設され 川崎駅ができると,駅周辺の都市化が急速に進んだ。 明治後期になると,現在の京浜急行・大師線が開業して,駅周辺から多摩川の南岸沿いに 大型の工場が建設されて,後の京浜工業地帯の中心部を形成するようになった。

川崎に進出した最初の大企業は,1907(明治40)年 この地に工場を建てた 横浜製糖(後の明治製糖)であった。
その後の工場建設は 以下のように続く。
  1908(明治41)年 東京電気 (後の東芝)
  1909(明治42)年 日本蓄音器 (後の日本コロンビア)
  1911(明治44)年 東京製線 (後の三菱電線)
  1912(明治45)年 日本鋼管 (後のJFE)
  1914(大正3)年 富士紡績
  1914(大正3)年 鈴木商店 (後の味の素)

撮影日
2008年7月
碑文
工業都市川崎発祥の地

 川崎市産業振興会館が建つこの地は, 明治製糖川崎工場跡地であ り, 川崎市が工業都市として発展する端緒となった場所である。
 1906(明治三九)年九月, 横浜の砂糖輸入商増田増蔵氏と安倍幸 兵衛氏を中心に設立された横浜精糖株式会社が, 1907(明治四〇) 年十二月, この地に粗糖精製工場を建設し, 翌1907(明治四一)年 一月から創業を開始した。工場の土地は, 元川崎町長で後に初代川崎 市長を務めた石井泰助氏らの尽力で, 同社に安値で提供された。1912 (明治四五)年一月に, 同社は明治製糖株式会社に合併され, 明 治製糖川崎工場になった。
 1908(明治四一)年, 川崎駅西側に, 東京電気株式会社が工場を 建設し翌春から操業を始めた。後の東芝堀川町工場である。
 安価な工場用地があること, 東京と横浜に近接していること, 原 料・製品の輸送が, 水運・陸運とも便利なことに加え, 議会・行政一体 となった工場誘致の取組などから, 川崎には, 横浜精糖を皮切り に, 東京電気, 日本蓄音機(後の日本コロムビア), 日本鋼管, 鈴木商 店(後の味の素), 富士瓦斯紡績など大規模工場が次々に進出し, 川崎 は, 日本を代表する工業都市になっ ていった。
 明治製糖川崎工場は, 1980(昭和五五)年に千葉県に移転した。 その跡地は, 川崎市の構造に基づき, 1988(昭和六三)年「か わさきテクノピア第一街区」として再開発され, 研究開発とし 川崎の拠点地区のひとつになっている。
 川崎市産業振興会館と川崎市産業振興財団の二十周年記念事 業の一環として, この記念プレートを設置するものである。
    2008(平成二〇)年七月七日
                  川崎市
                  財団法人川崎市産業振興財団

工業都市川崎発祥の地碑 川崎市産業振興会館
工業都市川崎発祥の地 碑
川崎市産業振興会館


移転先 http://840.gnpp.jp/kogyotoshikawasaki/