発祥の地bannar
日光発祥の地
 [にっこうはっしょうのち]


発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

場所
栃木県日光市山内
コメント
JR/東武鉄道の日光駅から 北西に2km
“日光美術館”のすぐ西側, 本宮神社と日光幼稚園に挟まれた場所に “四本龍寺”の三重塔と観音堂がある。「日光山草創四本龍寺」の石標のすぐそばに 「四本龍寺紫雲石」と書かれた説明板が建っており, ここに「日光発祥の地」という文言が書かれている。

日光山内は 東照宮・二荒山神社・輪王寺 からなり, 通常“二社一寺”と総称される。 東照宮は 今でこそ日光を代表する神社であるが, 徳川家康を祀るために江戸時代に開かれたもので 他と比べれば比較的新しい。

日光は奈良時代の 766年(天平神護2年)に 高僧・勝道上人によって開かれた。
勝道上人は 大谷川の北のこの地に聖地を見付け, 紫の雲たなびく土地であったので「紫雲立寺」 (後に「四本龍寺」と改名)を創建した。これが日光山の開山, すなわち「日光の発祥」である。
さらに勝道は 隣接する土地に男体山(=二荒山)の神を祀る「二荒山神社」を, 中禅寺湖のほとりに「中禅寺」を建てている。
その後 四本龍寺は 「満願寺」「光明院」などの名称を経て 現在の「輪王寺」と変わり, 宗旨も 真言宗・天台宗 と変化している。

なお, 四本龍寺は現在 観音堂と三重塔があるとされているが, この場所が四本龍寺の跡地であったために そのように呼ばれているだけで, 正式には これらの建物は輪王寺に属しているようである。

撮影日
2008年5月 (写真提供 T.K.さん)
碑文
天平神護二年
    日光山草創四本龍寺

(説明板)
  四本龍寺紫雲石
 ここから西南に少し離れた唯心院境内 の礼拝石で, 勝道上人が, ある日, 礼拝 をささげた折, この石の辺りから紫の雲 が立ちのぼり, 男体山の方へたなびくの を見たということから, 紫雲石を呼ばれ る。そしてこの地を四神守護の霊地とし て, 四本龍寺を建てたという。
 現在は, 観音堂, 三重塔のみだが, 日光発祥の地であり, 奈良, 平安時代の 日光の中心地であった。


日光山草創四本龍寺 碑
 日光山草創四本龍寺 碑
四本龍寺紫雲石 説明板
 四本龍寺紫雲石 説明板


移転先 http://840.gnpp.jp/nikko/