発祥の地bannar
田辺地名発祥之地
 [たなべちめいはっしょうのち]


場所
京都府京田辺市田辺
コメント
JR学研都市線の京田辺駅から 南に800m。
京田辺市の消防本部の西隣に 田辺市役所がある。 市役所の駐車場が南側の国道に接する部分に大小の木が植えられており,そこに薄茶色の石碑が建っている。

京田辺市は 京都府南部にあり,大阪府・奈良県と県境を接する。 京都・奈良・大阪のベッドタウンとして 現在も人口が増え続けており,2010年初めの人口は約63,000人。
1997(平成9)年に市政施行され,(旧)京都府綴喜郡「田辺町」 から 「京田辺市」になった。
“田辺市”とならなかったのは,和歌山県に田辺市があるため,重複を避けたためだろう。
なお“田辺”という地名は 室町時代の土豪・田辺氏がこの地に居城を築いたことによるといわれる。

撮影日
2009年11月
碑文
田辺地名発祥之地

  平成九年三月吉日建立
      田辺区


 
田辺地名発祥之地碑
田辺地名発祥之地 碑