発祥の地bannar
若松城下発祥の街
 [わかまつじょうかはっしょうのまち]


場所
福島県会津若松市本町
コメント
JR只見線の七日町駅から南に800m。
県道59号(日光街道)沿いにある“コープほんまち”の駐車場前に「若松城下発祥の街・本町」と書かれた標識が建っている。
またこれと同じ標識が,向い側の“インテリアミヤザキ”前と,300mほど南の日光街道が西に折れる交差点の両側の合計4ヶ所に建っている。

会津若松市は 江戸時代に会津藩鶴ヶ城(若松城)の城下町として盛え,現在でもこの地方の中心都市である。
1889(明治22)年に 若松町が福島県初の市制を施行して若松市となり,その後も周辺町村の編入を繰り返し,人口19万人の都市となった。
「若松市と会津市が合併して会津若松市になった」という冗談があるが,実際は 1955(昭和30)年に周辺7村を編入した時に 若松市から“会津若松市”に市名を変更している。“旧若松市を中心に構成される会津地方の都市”である。

この地本町(ほんまち)は,鶴ヶ城の西に位置し,諏方神社から只見線付近までが町域となっている。
14世紀に蘆名氏が居館を構えた場所といわれ,非常に古い歴史を持つ。その後黒川城(現在の鶴ヶ城)の築城に伴い 城下町として発展し,会津若松市の中心市街地を形成している。
本町という町名は,1965(昭和40)年に住居表示の変更が行われた際に生まれた名前で,それ以前は
  諏訪四谷・栄町・桂林寺町・赤井町・西名古屋町・融通寺町・神指町
等であった。この中でも 融通寺町は,城の融通寺口門から北に続く通りを中心とした商業の町であった。大正・昭和時代には呉服商などが多く 賑わったという。

この地域が「若松城下発祥の街」と呼ばれる背景は,上記のような背景があったためではないかと推察される。
なお,現在 日光街道がこの付近で複雑に屈折しているのは,鶴ヶ城の外堀に沿ってできた街路であるため,自然にこの形になったものと思われる。

撮影日
2011年6月 (写真提供 H.O.さん)
碑文
若松城下発祥の街・本町
  伊達政宗と竹久夢二ゆかりの地
  此地は本町(ほんまち)(旧融通寺町)通り

 
若松城下発祥の街・本町 標識(1) 若松城下発祥の街・本町 標識(2)
若松城下発祥の街・本町 標識(1)
若松城下発祥の街・本町 標識(2)