発祥の地bannar
逗子独立運動発祥の地
 [ずしどくりつうんどうはっしょうのち]


場所
神奈川県逗子市逗子5丁目
コメント
京浜急行電鉄逗子線の新逗子駅から 西北に 200m。
逗子郵便局の斜め向かい,逗子会館の横の狭い露地を 20mほど入ったところに“亀井児童公園”がある。 入ったすぐ右手に 高さ1.5mほどの黒御影石の発祥碑が建っている。

逗子市の歴史を見ると,1889(明治22)年に 逗子村・桜山村・池子村など6ヶ村が合併して 田越村となり, 1924(大正13)年に 逗子町になったが,1943(昭和18)年に 横須賀市に合併して 横須賀市逗子町となった。 戦後 1950(昭和25)年,横須賀市から分離独立して 逗子町に戻り,1954(昭和29)年に 逗子市となっている。

横須賀市は軍港を抱えた 帝国海軍の一大拠点であり,早い時期から 軍事施設のある周辺の町村を併合していった。
昭和10年代に入ってから 逗子と横須賀にまたがる池子地区に大規模な火薬庫が建設された。 海軍としては,緊急事態に際して 一つの自治体に指令すれば済むという思惑から,逗子町を横須賀市に併合させた。
しかし,この合併は
  ・地元住民の住民の意志を無視して強制されたこと,
  ・合併の条件として約束された 学校や漁港の整備が実行されなかったこと,
  ・行政サービスに格差があったこと
などの不満が逗子町民にあり,戦後 1949(昭和24)年に“逗子独立期成同盟会”が結成され 住民投票が行われた。 横須賀市議会は分離反対の決議をしたものの,神奈川県議会の僅差による賛成の議決を経て, 翌1950(昭和25)年に 分離・独立が実現した。

市町村の合併の例は非常に多いが,分離されたものは少なく 10数件の例が見られるだけである。
分離の理由は,逗子の場合のように 戦時中に国策で強制的に合併させられたものが 戦後になって分離したり(神奈川県座間町 など), “昭和の大合併”により合併したものの その後市町村内の対立により 分離されたものなどである。

撮影日
2009年12月
碑文
逗子独立運動発祥の地

 逗子は昭和十八年(1943年)軍の意向で強制的に横須賀市と合併させられたが, 住民の意志で昭和二十五年七月一日に分離独立し逗子町が誕生した。
 戦後の混乱期に青年たちの発意から生れた独立運動は成功した。 その後,市制がしかれ逗子市となった。
 ここに,六十年を迎え逗子の礎を築いた方々を顕彰し, 独立期成同盟会発祥の地に記念碑を建立する。
平成二十一年十一月
    逗子独立記念碑を建立する会 会長 山口茂
      元逗子独立期成同盟会副委員長

 
逗子独立運動発祥の地碑 亀井児童公園
逗子独立運動発祥の地 碑
亀井児童公園