発祥の地bannar
地下鉄発祥の地
 [ちかてつはっしょうのち]


場所
東京都台東区雷門2丁目
コメント
地下鉄銀座線の浅草駅構内。雷門の前から駒形橋に通じる“雷門通り”から地下鉄駅に 下りると,通路壁面に「大正ロマン」と書かれたパネル掲示があり, その近くには 地下鉄銀座線開業当日 (昭和2年12月30日) の新聞『中外商業新報』のコピー(復刻版)が 掲示されている。(この日に開通したのは 浅草〜上野 間)
  「我が交通上最初の試み 地下鉄道本日開通
    上野から浅草まで一哩半  輝かしき帝都交通の誇り』

地下鉄銀座線は, 浅草駅と渋谷駅間 (14.3km) を結ぶ 東京メトロの路線。 1927(昭和2)年に「日本で最初の地下鉄」として 浅草〜上野間で営業を開始した。 建設・運営したのは「東京地下鉄道」会社で, その後順次路線を延ばし 1934(昭和9)年に 浅草〜新橋間で全通した。
一方, 渋谷〜新橋間は 「東京高速鉄道」会社により建設・運営され, 1939(昭和14)年に全通した。 その後 両社は 相互乗り入れ運転を開始し, 1941(昭和16)年に 特殊法人「帝都高速度交通営団」 に統合された。〔2004(平成16)年に「東京地下鉄(東京メトロ)」と改称〕

撮影日
2006年7月 (写真提供 T.K.さん)
碑文
大正ロマン
  ――レトロ調装飾に寄せて――

1927年(昭和2年)12月30日, 東洋初の
地下鉄が浅草〜上野間に開業しました。
この地下鉄発祥の地浅草駅を開業当時
のモダン精神や賑わい, 先人の偉業を
継承したレトロ調で装飾し, 21世紀の
メッセージとしてここに残しました。
          1999年7月1日
     協賛法人 株式会社 三越


 
地下鉄発祥の地 掲示 地下鉄開業時の新聞
地下鉄発祥の地 掲示
地下鉄開業時の新聞