発祥の地bannar
交流電化発祥之地
 [こうりゅうでんかはっしょうのち]


発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

場所
福井県敦賀市木ノ芽町
コメント
北陸本線の敦賀−糸魚川間は 現在も交流60Hzで電化されているが,この線から分岐する七尾線は直流電化, 越美北線・氷見線・城端線・高山線・大糸線は非電化であり,糸魚川から新潟側(JR東日本所属)も 直流により電化されている。このため 北陸本線の約270kmの区間だけが交流で残されている。
JR西日本は この区間の為に交直両用電車を多数保有しているが,ローカル用電車の更新時期が近づいているため, 交直両用電車の更新を行うのか,この区間を直流化して他線との車両有効活用を図るか,興味深い。

撮影日
2009年8月 (写真提供 T.H.さん)

 

移転先 http://840.gnpp.jp/koryudenka-sakunami/