発祥の地bannar
道の駅発祥の地 豊栄
 [みちのえきはっしょうのち とよさか]


場所
新潟県新潟市北区横土居
コメント
JR白新線の豊栄駅から 北に5km。
国道7号“新新バイパス”の豊栄インターと東港インターの中間に“道の駅 豊栄”がある。食堂や売店などの施設の前に,駐車場に面して「道の駅 発祥の地 豊栄」と刻まれた大きな石碑と,円板型の副碑が建っている。

道の駅は,休憩施設と地域振興の施設が一体となった道路施設で,国土交通省に登録されたものを指す。24時間利用可能な駐車スペース・トイレ・情報提供施設などを備えていることが登録の条件となっている。
道の駅を作ることになった背景には,高速道路にはサービスエリアやパーキングエリアが整備されているが,一般道には 民間経営のドライブインがあるのみで 利便性に欠けていたことによる。長距離ドライブをする人が増えるにつれ,一般道路においても24時間自由に利用できる休憩施設が求められるようになり,地域の核となる「道の駅」制度が創設されることになった。
1993年に全国で103ヶ所が登録されたのを皮切りに登録数は伸び続け,2010年現在では 全国に950ヶ所以上の道の駅がある。

道の駅・豊栄は 1988(昭和63)年に,一般国道としては全国で初めて 道路情報ターミナルを備えたPAとして、“豊栄パーキングエリア”の名称でオープン。1993(平成5)年に「道の駅」制度の発足に伴い道の駅第一号として登録された。
なお,道の駅の発祥地に関しては,ここ豊栄のほかに 鳥取県の“道の駅大栄”も「道の駅第一号」を名乗っている。

撮影日
2010年11月 
碑文
道の駅発祥の地 豊栄
  題字 豊栄市長 小川竹二
  平成12年9月
  建設省北陸地方建設局 新潟国道工事事務所

(副碑)
   道の駅 発祥の地 豊栄
 この施設は,昭和63年(1988年)に地域や道路の情報を提供する一般国道での休憩施設として,全国で初めて誕生しました。
 その後,平成6年(1993年)の「道の駅」制度の発足により,第1号の「道の駅」として登録されました。
          2000年9月

 
道の駅発祥の地碑 道の駅発祥の地 副碑
「道の駅発祥の地 豊栄」碑
同 副碑

道の駅 豊栄 碑
「道の駅 豊栄」碑