発祥の地bannar
大阪開港の地
 [おおさかかいこうのち] 


場所
大阪府大阪市西区川口2丁目
コメント
地下鉄中央線と千日前線が交差する 阿波座駅から西に500m。安治川に面して 大阪税関富島出張所がある。税関の事務所裏手に『大阪開港の地』と刻まれた 石碑が建っている。

江戸時代末期の“安政5ヶ国条約”により 神奈川・函館・長崎・兵庫・新潟の5カ所が 開港された。当初 大阪は東京とともに“開市”されたが 開港場に指定されていなかったが, 1868(明治元)年になって 大阪は開港されて 川口に大阪港が造られ, 川口付近には 外国人居留地が設けられた。
しかし 川口は河口の港であるため 水深が浅くて大型船が入れず, 近くの神戸港が 多く利用されたこともあり, 貿易港としては発展せず 衰退していった。
明治時代後半になって, ここより沖合の 天保山に近代的港湾が造られ 移転した。

川口居留地は 一時期 経済・行政の中心となり 近代化の先端にあったが, 1899(明治32)年に居留地制度が廃止された後は 中国人街となり, それも太平洋戦争により解体し 川口は昔の面影を完全に失った。

撮影日
2006年5月 (写真提供 T.K.さん)
碑文
大阪開港の地

長い鎖国の後,諸外国への玄関口として明治2年7月15日 この地を開港場とした。世界とつなが る今日の大阪港繁栄の端緒となる

大阪開港の地 碑
 大阪開港の地 碑