発祥の地bannar
大阪市電創業の地
 [おおさかしでんそうぎょうのち] 


場所
大阪府大阪市西区千代崎2丁目
コメント
地下鉄・長堀鶴見緑地線の大阪ドーム前千代崎駅と, 地下鉄中央線の九条駅の ほぼ中間, みなと通りの“九条新道”交差点に面して 石碑が建っている。

電気鉄道は 1895(明治28)年に 京都で開業していたが, 公営による市街電車は 大阪が 日本最初であった。
大阪港の発展のため, 九条新道の花園橋を起点として 築港埠頭までの約5kmが, 1903(明治36)年に開通した。所要時間26分, 運賃は1区1銭, 全線で4銭だったという。

大阪市電は 最盛期には 総延長110km強まで路線が拡大し, 市電としては東京(都電)に次ぐ 規模に達したが, 戦後の自動車交通の発展と それによる遅延の常態化により乗客が減少し, 1969(昭和44)年をもって 65年半の歴史を終えた。

撮影日
2006年5月 (写真提供 T.K.さん)
碑文
大阪市電創業の地

明治36年9月に開業した大阪市電の第一期線築港線は 西区九條町(花園橋西詰)から築港埠頭までの約5キロの間 で このあたりに花園橋停留場があった
    平成元年九月   大阪市建立

大阪市電創業の地碑
 大阪市電創業の地 碑