発祥の地bannar
車両航送発祥の地
 [しゃりょうこうそうはっしょうのち] 


発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

場所
山口県下関市竹崎町4丁目
コメント
JR山陽本線・下関駅前。ダイエー下関店が入っている“シーモール”ビルの北側の 壁面に 写真のレリーフが掲げられている。

「車両航送」とは 一般にはあまり聞き慣れない言葉だが, 自動車を運ぶ「カーフェリー」のことではない。ここで言う「車両」は 鉄道車両, つまり 貨車や客車を指す。鉄道用語としては,「航路を挟んだ鉄道同士の輸送を円滑に行うために鉄道車両ごと連絡船を使用して運搬する」方法をいう。そのために 船内にレールを敷き, 岸壁では船が接岸する際に レールを連絡させる特殊な桟橋を使用するなど, 高度な技術が必要となる。
航路の両端での乗客や貨物の移動が容易にすることが目的で, 貨物の積み込み作業の効率化.旅客の場合は 列車と船の乗り換えや手荷物の運搬などの手間が省ける。

旧国鉄が運航した 鉄道車両航送が可能な連絡船には 次の3航路があった。
   関門航路 1911年開業 下関駅〜門司駅
   宇高航路 1921年開業 宇野駅〜高松駅
   青函航路 1924年開業 青森駅〜函館駅
貨物の車両航送は 関門航路で行われたのが最初で, 後に 青函航路・宇高航路に拡大し,
 関門航路は 1942年に関門トンネルが開通したために 廃止。
 青函航路は 1954年の“洞爺丸事件”を契機に 車両航送を廃止。
 宇高航路は 1988年に瀬戸大橋が開通したため 廃止。
になった。

撮影日
2005年11月

 

移転先 http://840.gnpp.jp/sharyokoso/