発祥の地bannar
省電始元之碑
 [しょうでんしげんのち]


場所
大阪府東大阪市川俣2丁目
コメント
JR片町線の放出(はなてん)駅から 東に約1km,おおさか東線沿いに JRの森ノ宮電車区放出派出所がある。 その入口付近に「省電始元之碑」と刻まれた 古い大きな石碑が建っている。

「省電」とは「省電力」と勘違いしそうな名称だが,これは「省線電車」の略である。
戦前 鉄道省が鉄道の運営を行っていた時代に,大都市近郊の通勤電車の愛称として「省線電車」が使われた。 日本国有鉄道が発足した 1949年以降は「国電」と呼ばれ,現在は 省線電車や国電に対応する愛称はない。 (JR自身は「E電」と呼んでいるが 実際に使われることはほとんどない。)

この碑は 関西の省線電車で初めて,片町線(片町駅〜四條畷間)が電化されたことを記念して建てられた。
片町線は“浪速鉄道”が1895(明治28)年に敷設した線路で,蒸気機関車によって運行されていた。 1907(明治40)年に国有化され,1932(昭和7)年に電化された。
ちなみに 東京における省線電車の電化の時期は 次の通り。
   中央線 1904(明治37)年 飯田町-中野間 (当時は甲武鉄道)
   山手線 1909(明治39)年 田端 - 池袋間

なお,この記念碑は 1934(昭和9)年に 元の淀川電車区(都島区中野町)に建てられたが, 1985(昭和60)年に 電車区がこの地・放出に移転したため,碑も現在地に移された。
現在 ここは 森ノ宮電車区放出派出所 と名称が変更され,車両の検査業務のみを行っているとのこと。

撮影日
2008年9月 (写真提供 T.H.さん)
碑文
省電始元之碑

燦爛タル關西省線電車文化史ハ此處淀川電車庫ニ始ル
抑々大阪ヲ中心トセル省線電化計畫ハ遠ク大正八年建議
サレシモ機不熟星遷リ月替リテ昭和五年帝国議會ノ
協贊ヲ得越テ昭和六年六月工ヲ起シ昭和七年拾月淀川電
車庫創立セラル斯クシテ萬人渇望ノ省線電車關西交通
維新ノ序奏曲トシテ仝年拾貳月片町線ニ始リ翌昭和八年
貳月城東線ノ電化ニヨリ第一次計畫全ク成ル爾来一年有餘
初代主任福井庄七氏統率ノ許ニ協力一致孜々トシテ勵ミ
其業績益々挙ル 茲ニ同志相圖リ省線電車将来ノ榮光ヲ
祈リ省線電化始元ノ地ヲ永劫ニ記念セントス
紀元二千五百九十四年三月建立  大阪鐵道局淀川電車庫

省電始元之碑
省電始元之碑