発祥の地bannar
省営バス発祥の地
 [しょうえいばすはっしょうのち]


発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

場所
愛知県瀬戸市末広町1丁目
コメント
名鉄・尾張瀬戸駅の東 300m。
博物館や劇場ホールを有する 瀬戸市の複合施設「瀬戸蔵」の前庭に, ブロンズ像とともに 高さ1メートル程の「省営バス発祥の地」碑が建っている。 碑の上面には 当時のバス「1号バス」が描かれている。

「省営」とは「鉄道省経営」のこと。
1930(昭和5)年に 岡崎〜瀬戸記念橋〜多治見, 瀬戸記念橋〜高蔵寺間で, 鉄道省直営で バス路線の運行を始めた。ここは その省営バスの「瀬戸記念橋駅」だった。
かつては ここにバスの駅舎があり, 国鉄バス・JR東海バスの時代を通して 地元の足として 利用されたが, 2004(平成16)年に営業が終了した。
碑の上面にある「1号バス」は, 鉄道記念物として 東京・秋葉原の交通博物館に展示されていた。 (交通博物館は 2006年5月に閉館となり, 2007年10月に大宮に「鉄道博物館」としてオープン予定。)

撮影日
2006年12月 (写真提供 T.K.さん)
碑文
省営バス発祥の地

  1号バス
  昭和5年12月20日 岡崎・多治見間に登場した省営バス

  昭和5年の省営バスの創業時から平成16年
  8月まで、最古のJRバス駅舎であった瀬戸
  記念橋駅がここに建っていました。

省営バス発祥の地碑 1号バス
省営バス発祥の地 碑
1号バス


移転先 http://840.gnpp.jp/shoei-bus/