発祥の地bannar
四国高速道路発祥の地
 [しこくこうそくどうろはっしょうのち]


場所
愛媛県四国中央市中曽根町
コメント
JR予讃線の伊予三島駅から南東に2km。
松山自動車道の“三島川之江”インターから2kmほど西に進むと,すぐ南側に三島公園があり,道路から「四国高速道路発祥地」という広告塔が目に入る。
三島公園には「四国高速道路発祥之地記念」と書かれた石碑が建っている。

四国内の高速道路は,川之江を中心にして,西に伸びる「松山道」,北〜東に伸びる「高松道」,東に伸びる「徳島道」,南に伸びる「高知道」の4つの幹線と,今治・坂出・鳴門から本州に通じる3本の枝線からなる。高松道と高知道は合せて「四国横断道」,松山道と徳島道は合せて「四国横断道」とも呼ばれる。

四国で最初の高速道路は,松島道の“三島川之江”インターと“土居”インター間(11km)が 1985(昭和60)年3月に開通したことに始まる。
さらに 川之江JCTを要にして東西南北に路線が延伸され,四国縦貫道は 2000(平成12)年に全線開通,四国横断道も2003(平成15)年に全線開通となっている。
ちなみに,日本で最初の高速道路は 1963(昭和38)年に名神高速道路の栗東-尼崎間であった。

撮影日
2014年5月 (写真提供 OLDMANさん)
碑文
四国高速道路発祥地

四国高速道路発祥之地記念
   四国の高速道路の歴史が当市
   から始まったことを記念しここに
   この日を建立する
     市制40周年 平成6年11月吉日
       伊予三島市長 篠永善雄


 
四国高速道路発祥地 碑
四国高速道路発祥地 碑
四国高速道路発祥地 広告塔
四国高速道路発祥地 広告塔
三島公園
三島公園