発祥の地bannar
スバル360誕生の地
 [すばる360たんじょうのち]


発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

場所
群馬県伊勢崎市平和町
コメント
東武鉄道伊勢崎線・JR両毛線の伊勢崎駅から 南東に600m。
伊勢崎工業高校の北側,元・富士重工業(株)の工場跡地に“伊勢崎ショッピングモール”ができている。 広い敷地の西端南東隅に 赤いレンガのノコギリ屋根がモニュメントとして残されており, その前面に「名車『スバル360』の生まれ故郷」という説明看板が建てられている。

この地(元・富士重工伊勢崎製作所第二工場)は,1912(明治45)年に 旧・上毛撚糸の紡績工場として建設され, 1941(昭和16)年に“中島飛行機”が買収して軍用機を製造した。
戦後 中島飛行機は“富士産業”と改称して スクーターやバスの生産を開始, 1948(昭和23)年に“東京富士産業”,1950(昭和25)年には“富士重工業”と社名を変更した。
1958(昭和33)年に この地で軽自動車“スバル360”が開発され「てんとう虫」の愛称で親しまれた。 このため この地は「スバル発祥の地」と呼ばれている。

2001(平成13)年 工場移転のため閉鎖され,跡地はショッピングセンターとして再開発された。
伊勢崎市は 戦災によって多くの建造物が焼失した中で,工場内に赤レンガ造りのノコギリ屋根の工場建屋が残され, その高い歴史的価値のため 一部をショッピングセンターの一隅に移築, 高さ6.5m,全長29mのモニュメントとして保存された。

なお,モニュメントの一部を破壊される被害があったため,次のような看板が設置されている。

    ご利用される皆様へ
 このモニュメントは,「スバル360」発祥の地の記念として,当時の 工場の一部を移設したもので,ご近所の皆様の『憩いの場』として,広 く利用していただくために富士重工業(株)が一般に開放しているものです。
 ところが,最近,一部の心無い行為によって,設置物が汚損される事態が 発生し,警察当局へ被害届を提出致しました。今後このような悪質な行為 が発生した場合には,富士重工業(株)としてもやむを得ず,この場の開放 を中止しなくてはなりません。
 皆様が永く快適にご利用できるよう,設置物の良好な維持にご協力をお願 いいたします。
 なお,不審な行為を目撃した場合は,下記宛てにご一報ください。
       設置者 富士重工業株式会社
       管理者 スバル興産株式会社
(一部省略)   .
撮影日
2008年10月
碑文
名車「スバル360」の生まれ故郷
    富士重工業(株)旧伊勢崎製作所第二工場のレンガ壁

富士重工業株式会社 旧伊勢崎製作所第二工場は,1912年(明治45年)に 旧上毛撚糸の紡績工場として建設されたレンガ造り鋸屋根構造の建物です。
1943年に富士重工の前身「中島飛行機」に売却され 戦後は富士重工の生産工場として,バス,コンテナハウスの生産に活用されました。
昭和30年代初め,日本のモータリゼーションの先駆けとして 世界的に評価された軽自動車「スバル360」を最初に生み出した工場でもあります。
このレンガ壁は,第二工場の東側の壁面で,竣工当初の状態が良く保たれているため 「スバル360誕生の地」のモニュメントとして また明治から大正期にかけての工場建築の象徴となる歴史的建造物として 2003年(平成15年)5月,この地に移築保存されました。

<写真>
 ・明治期の典型的な工場建築である鋸屋根構造が美しい第二工場外観。
 ・キングポストトラスによる木造小屋組みの工場内部。
 ・1957年4月20日,旧伊勢崎製作所で行われたスバル360試作1号車完成式。


 
「スバル360誕生の地」モニュメント 説明板
「スバル360誕生の地」モニュメント
説明板

移転先 http://840.gnpp.jp/subaru360/