発祥の地bannar
鉄道発祥の地(三笠)  [てつどうはっしょうのち] 


発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

場所
北海道三笠市幌内2丁目
コメント
道央自動車道の三笠インターから 東に6km。
三笠市役所から 2.5kmほど南東に入ったところに“三笠鉄道村”がある。
鉄道村の中に, 列車の連結器を模した ユニークな外形のモニュメントが建っていて, 「鉄道発祥の地」の説明板がある。

ここは 旧・JR幌内線(および その前身である“幌内鉄道”)の終点・幌内駅があった場所である。
幌内鉄道は, 幌内炭鉱から産出される石炭の積み出しのため, ここから小樽港までを結ぶ鉄道として計画され, 1882(明治15)年に 手宮駅(小樽)まで 91kmが開通。
日本で最初の鉄道が開業したのは 1872(明治5)年の 東京(新橋)〜横浜(桜木町)間で, 1874(明治7)年には 大阪〜神戸駅間が開通し, 幌内鉄道は 日本で3番目の鉄道であった。

1906(明治39)年に国有化されて 札幌〜幌内間が 幌内線 となり, 1987(昭和62)年からは JRの貨物専用駅となったが, 1987(昭和62)年 幌内線廃止により 幌内駅は廃駅となった。
跡地は 1987(昭和62)年に 北海道鉄道発祥の地として“三笠鉄道村”が開設されて 多くの鉄道車両が保存され, 駅舎もその中核施設“三笠鉄道記念館”となった。

幌内鉄道の始点 手宮駅跡にも鉄道発祥の地のモニュメントがある。 (「鉄道発祥の地 小樽」参照)

撮影日
2003年7月 (写真提供 T.H.さん)
碑文
鉄道発祥の地

 1882年(明治15年)に, 幌内炭山から掘り出した石炭 を, 小樽港まで運ぶため幌内 鉄道(幌内−小樽手宮間91.2キ ロ)が開通, 北海道開拓に大き な貢献をしました。
 この鉄道は, 北海道で最初 の本格的な鉄道で, ここ幌内 が発祥の地です。

鉄道発祥の地モニュメント 同・説明板
鉄道発祥の地モニュメント
同・説明板


移転先 http://840.gnpp.jp/tetsudo-mikasa/