発祥の地bannar
新潟県鉄道発祥の地
 [にいがたけんてつどうはっしょうのち]


場所
新潟県上越市東町
コメント
「新潟県鉄道発祥の地」に関しては,3つの発祥碑/モニュメントがある。

【1】JR信越本線/北陸本線の直江津駅の北口と南口をつなぐ自由通路。通路の中央付近壁面に,黒地に金色の文字で「新潟県鉄道発祥の地」と書かれた金属プレートが掲げられている。

【2】直江津駅の2番線ホームの長岡寄り(階段下付近)に「新潟県鉄道発祥の地」と書かれた銀色のプレート("0"キロポスト)がある。

【3】JR信越本線の高田駅の1番ホームの直江津寄り。屋根を支えているのはレールを加工した鉄骨で,柱の周囲は「新潟県鉄道発祥の地<(直江津・関山間)“高田駅”」と書かれたステンレス板で囲まれている。

明治初年,東京と京都を結ぶ幹線鉄道を敷設する計画が持ち上がった。東海道ルートと中山道ルートの2案が検討され,中山道のルートを採ることに決定され“中山道線”の名称で建設が開始された。
この鉄道を建設するための資材運搬のため,支線の形で 直江津〜上田間に鉄道(直江津線)が建設され,1886(明治19)年に 直江津〜関山間が開通した。これが 新潟県における最初の鉄道である。

ちなみに,中山道線は その後の信越線(東京−高崎−軽井沢)のルートを通り,岐阜を経て京都に至る計画だったが,碓氷峠の山越え工事が難航。その間に東海道ルートの計画が復活し 1889(明治22)年に 新橋-神戸間が開通。その後中山道線は計画が中止となり,高崎-軽井沢間と直江津までの線路が接続されて 信越線となった。

撮影日
2010年11月
碑文
新潟県鉄道発祥の地

  「直江津〜関山間」鉄道開通120周年記念
明治19年(1886年)8月15日に,直江津〜関山間(18マイル21チェーン[29.4km])が新潟県に鉄道として初めて開通し営業を開始しました。
明治16年(1863年)12月,政府は東京〜京都の東西両京を結ぶ鉄道の幹線として中山道鉄道を建設することを定め,明治18年(1885年)7月に中山道幹線建設の資材輸送のため,直江津〜上田間の鉄道建設に着工したのが始まりであり,後に,直江津〜軽井沢〜高崎との連絡により,本州中部横断線を形成する重要な路線となりました。
    「直江津〜関山間」鉄道開通120周年記念イベント実行委員会
                      2006年10月14日

============================
("0"キロポスト = 直江津駅ホーム)

  新潟県鉄道発祥の地
  (直江津・関山間)“直江津駅”
  “0”キロポスト
  ----------------------------
 信越本線は,高崎を起点とする路線で,1997年10月1日に横川〜軽井沢間が廃止され,軽井沢〜篠ノ井間が「しなの鉄道」に移管されるまで高崎・新潟間327.1キロ(高崎・直江津間190.8キロ,直江津・新潟間136.3キロ)の路線でした。
 通常キロポストは起点から通しのキロ程を表示しますが,信越本線は1997年10月1日以降で高崎から直通のキロポストは設置されていませんでした。その名残りから現在でも信越本線のキロポストは直江津で一旦打ち切られ,直江津・新潟間は,直江津駅を起点とする“ゼロキロポスト”を基準とした線路設備の位置表示となっています。
 直江津駅は,明治18年8月15日に初めて新潟県に官設鉄道が開業した際に設置された「停車場」であり,新潟県鉄道発祥のゼロ地点でもあることから,直江津駅の“ゼロキロポスト”を,新たな旅立ちの起点として整備しました。
 ※開業当時の駅舎は,現在の直江津橋付近にありましたが,明治32年8月1日に現在の位置に移転しました。

  “ゼロキロポスト”の利用方法
    ---------------------------
  ●運賃・料金の算出基準に使用
  ●鉄道設備(駅,信号機,踏切設備など)の位置や建植場所を表す起点として使用

                  直江津駅長

============================
(新潟県鉄道発祥の地 = 高田駅1番ホーム)

  新潟県鉄道発祥の地(直江津・関山間)“高田駅”
        明治19年8月15日開業

CAMMELL SHEFFIELD TOUGHENED STEEL 1885 P IRJ
キャメル・シーフィールド社製(イギリス)1885年製造(明治18年)
重さ30s/M 長さ9.14M I.R.J.=日本帝国鉄道の略

明治政府は,東京と大阪を結ぶ幹線鉄道である中山道線に連結する路線として,1885年6月に直江津から上田まで建設を開始し,翌1886年8月15日に直江津・関山間(29.4キロ)が直江津線として開通しました。
路線の建設にあたっては,海外から輸入したレールを使用していましたが,現在でもその一部が建物を支える支柱等に再利用されています。高田駅のホーム上屋を支える支柱も1885年にイギリスから輸入されたものであり,新潟県の鉄道開業当時のレール事情を知る上で貴重なものです。
この貴重なレールを多くの方に知っていただきたく「新潟県の鉄道発祥の記念碑」として整理しました。高田駅長


 
新潟県鉄道発祥の地 直江津駅自由通路
新潟県鉄道発祥の地 碑
(直江津駅自由通路)
直江津駅自由通路

ゼロキロポスト(直江津駅)
新潟県鉄道発祥の地(高田駅)
ゼロキロポスト(直江津駅)
新潟県鉄道発祥の地(高田駅)