発祥の地bannar
電気鉄道事業発祥の地
 [でんきてつどうじぎょうはっしょうのち] 


場所(1)
京都府京都市伏見区下油掛町
場所(2)
京都府京都市下京区塩小路通東洞院
コメント
「電気鉄道事業発祥の地」の碑は 2個所にある。
一つは 京都駅から南に 約6km。伏見下油掛町の交差点に面して“鉄道友の会”が建てた 小型の石碑。( MAP1 )
もう一つは 京都駅北口の北東の端。ルネサンスビルの前に 国鉄や京都の私鉄6社などが 共同で建てた立派な石碑( MAP2 )。

京都では 琵琶湖疏水を利用した水力発電所が 明治23年に完成し, その電力を利用して 明治25年に 日本で最初の電気鉄道 (電車) が開通した。 京都電気鉄道(株)の経営で 京都駅から伏見まで 約6kmの路面電車であった。
開通当初は,東海道線に踏切があって その南側が起点となっていたが, 明治34年に 高倉跨線橋が完成して, 京都駅北側の路線と接続された。
大正7年に 京都市電に買収され, 市電・伏見線として その後も長く利用されていたが, 昭和45年に廃止された。

撮影日
2004年6月
碑文(1)
(伏見)
我国に於ける
  電気鉄道事業発祥の地

明治廿八年二月一日 京都電気鉄道株式会社は 京都市下京区東洞院通東塩小路踏切(旧東海 道線) 南側から伏見町油掛通まで 電気鉄道を 我国において初めて開業した

   昭和四十五年二月一日

        鉄道友の会京都支部

碑文(2)
(京都駅)
電気鉄道事業発祥の地

日本最初の電気鉄道はこの地に発祥した。
即ち明治二十八年二月一日 京都電気鉄道 株式会社は 東洞院通り七条下る鉄道踏切 南側から 伏見下油掛通りまで 六キロの間 に軌道を敷き 電車の運転を始めた。
この成功を機として 我が国電気鉄道事業 は漸次全国に広がり 今日の新幹線電車に まで発展することになったのである。
よってその八十周年にあたり 先人の偉業 を讃えてこの記念碑を建てる。

    昭和五十年二月一日

        日本国有鉄道
        京都市交通局
        関西電力株式会社
        阪急電鉄株式会社
        京阪電気鉄道株式会社
        近畿日本鉄道株式会社
        阪神電気鉄道株式会社
        南海電気鉄道株式会社
        京福電気鉄道株式会社
        鉄道友の会京都支部

電気鉄道事業発祥の地碑(伏見) 発祥碑の建つ伏見の菓子店
電気鉄道事業発祥の地碑(伏見)
発祥碑の建つ菓子店(伏見)

電気鉄道事業発祥の地碑(京都駅前) 発祥碑から見る京都駅
電気鉄道事業発祥の地碑
(京都駅前)
発祥碑から見る京都駅ビル
(中央正面)