発祥の地bannar
織田一族発祥地
 [おだいちぞくはっしょうち]


発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

場所
福井県丹生郡越前町下河原
コメント
織田信長を頂点とする織田の一族のルーツは,ここ越前国織田(おた)庄にある劔神社の神官を務めた 忌部(いんべ)氏であるという。 斯波氏によって越後の守護代に任じられ,後に尾張の守護代も務めた。
戦国時代には一族間の争いがあり 信長が勢力を伸ばしたが,天下統一を目前にして 明智光秀によって討たれた。
信長の死後 家勢は衰えたが,信長の次男・信雄の子孫 および信長の弟の子孫は 江戸時代に大名となっており, 明治維新後は 4家が子爵となった。

撮影日
2009年8月 (写真提供 T.H.さん)

 

移転先 http://840.gnpp.jp/odaichizoku/