発祥の地bannar
大河内氏発跡地
 [おおこうちしはっせきち]


発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

場所
愛知県西尾市寺津町
コメント
最も近い鉄道駅は 名鉄西尾線・福地駅。ここから西におよそ3km。
寺津八幡社の境内, 社殿に向って右側に「大河内氏発跡地」と刻まれた 非常に背の高い石碑が建っている。
石碑の高さは 6〜7mもあるだろうか。これほど細長い石碑は珍しい。
石碑の裏面には 300字(?)ほどの漢文が書かれているが, 石碑が高いこともあって 読み取れていない。

大河内氏は清和源氏の一族で, 源頼政の孫にあたる 顕綱(あきつな) が 三河国大河内郷(現・岡崎市)に移り住み, 土地の名から 大河内氏を称したのが始まりで, 子孫は 吉良氏に仕えて勢力を獲得し 寺津を支配した。
従って本来 ここ寺津は「発祥地」ではないとも言えるが, 寺津八幡が 初代・顕綱によって創建されたことや, 10代信政の時に寺津城を築き 長く寺津の地を領地とした関係で「大河内氏発跡地」の碑が建てられている。
12代秀綱のとき徳川家康に仕え, 正綱の代に大名となり, この為 大河内一族は「松平」姓を 名乗るようになり, 「大河内松平家」と呼ばれた。
“智恵伊豆”松平伊豆守信綱は大河内氏14代である。

撮影日
2006年12月 (写真提供 T.K.さん)
碑文
大河内氏発跡地
        愛知県
大河内氏発跡地碑 寺津八幡社
大河内氏発跡地 碑
寺津八幡社


移転先 http://840.gnpp.jp/okochishi/