発祥の地bannar
清和源氏発祥の宮
 [せいわげんじはっしょうのみや] 


場所
京都府京都市南区壬生通八条角
コメント
JR京都駅から西に1km。
東寺の北300mほどの 近鉄線路の南側に「六孫王(ろくそんのう)神社」がある。 神社の入口に掲げられた看板に「清和源氏発祥の宮」と書かれている。

「源氏」は 全部で二十一の流れがあるといわれるが, 「清和源氏」は その一つの 系統である。
平家滅亡後、北条氏と豊臣秀吉を除く天下人の多くは清和源氏を称しており, 武家源氏として歴史上に名を馳せた人物は, 源頼朝・足利尊氏・今川義元・武田信玄・明智光秀・・・徳川家康・板垣退助 など数えきれない。 ただし, 名前だけの源氏も少なくなかったことは よく知られた事実である。

平安時代の 西暦815年, 嵯峨天皇が自らの皇子・皇女32名を一挙に臣籍降下させ, 源氏を賜ったのが源氏の始まりとされ, 一方の平氏は 825年に桓武天皇が第5皇子の子女に 平氏を賜ったことに始まる。
嵯峨天皇後の天皇も 度々皇族を源氏として臣籍に下したことから, 嵯峨天皇を祖とする源氏は 「嵯峨源氏」と称されるようになり, 以後源氏は 仁明源氏・文徳源氏・清和源氏・宇多源氏 などと その時の天皇の号をもって氏族の称とした。

清和源氏は, 清和天皇の第六皇子の子である経基王(六孫王)が臣籍降下により「源」姓を名乗った ことに始まり, 摂津源氏・美濃源氏・大和源氏・河内源氏 などの傍流が生れている。
源義朝が “保元・平治の乱”によって 平清盛 に殺害された後, 摂津源氏の源頼政, 河内源氏庶流の源行家らの檄を受け, 源頼朝・源義経ら兄弟や 頼朝の従兄弟にあたる源義仲(木曽次郎義仲)らが各地で挙兵し“源平の合戦”が発生し, 壇ノ浦の戦いで平家が滅びたことは有名。

六孫王神社は 平安時代中期の創建。 父が清和天皇の六男で 天皇の孫ということで「六孫王」と呼ばれた 源経基 は, この地に住居を構え 死後もここに埋葬されたため, 墓前に社殿を築いたのが 神社の始まりとされ, このことにより「清和源氏発祥の宮」と称されている。
この他, 兵庫県川西市にある多田神社は, 清和天皇の曾孫 源満仲 が祀られていることから, 「清和源氏発祥の地」といわれる。

撮影日
2006年10月
碑文
清和源氏発祥の宮
  出生から出世までの守護神
清和源氏発祥の宮看板
清和源氏発祥の宮 看板