発祥の地bannar
島津家発祥之地
 [しまづけはっしょうのち] 

場所
宮崎県都城市郡元町
コメント
JR日豊本線の都城駅から 東に2.5km。
早水公園の北東端から 100mほどのの住宅地の中に公園(祝吉御所跡記念公園?)があり, “祝吉御所跡”碑と“島津家発祥之地”碑が並んで建っている。

都城には,平安時代末期に 荘園としての“島津庄”が開発された。 鎌倉時代になって 源頼朝が全国に守護・地頭を置き,この地の地頭職に任じられた 惟宗忠久 が 荘園の名前である「島津」を名乗った。これが島津氏の始まりである。 後に 薩摩の出水に城を築き拠点を移し,都城では 北郷氏(都城島津氏)が “都之城”を築いて 国分・内之浦を含む広大な領域を支配した。

今年(2008)のNHK大河ドラマ「篤姫」で,鹿児島県出水市が「島津家発祥の地」と紹介されたことに対して, 都城市が異議を唱えた論争があった。
出水市は 初代・忠久が都城から移って城を置き,島津家の基礎を築いた場所であり, 市内の感応寺には初代以下5代までの墓が置かれている。
その後 NHKは,都城市は 島津姓の発祥の地であり,出水市は 島津氏の実質的な支配の始まりの地である, という説明を行って落着したようである。

なお,都城市は「ウエルネス都城」というキャッチフレーズで まちづくり運動を推進しているようで, 町中のあちこちに「ウエルネス都城」の文字が見られる。
下の写真は 地元のライオンズクラブが掲出した大看板で,「湧水と島津発祥の地」と書かれている。
「島津の発祥」はわかるが,「湧水」とは何だろうか。
祝吉御所跡近くの早水公園には「髪長姫の泉水」と呼ばれる湧水池があって, 日量8,000立方メートルという 豊富な水が湧き出ている。
髪長姫は,後に仁徳天皇の妃になったと言われる女性で,この地で生誕したという伝承があるという。 おそらく この湧水のことを指していると思われるが,詳しい事情は不明である。

撮影日
2008年10月
碑文
島津家発祥之地
   都城市長 有田秀秋書

      碑文
 源 頼朝の御家人惟宗忠久は 後鳥羽天皇文治元年(西暦1185)頼朝より日向 国(島津院 三俣院 財部郷 北郷 中郷 南郷)大隅国■■国■■■合■■島津庄 下司職に任ぜられた 更に忠久は上御門天皇建久七年(西暦1196)■■■■■■ 頼朝より日薩隅三州の守護職に任ぜられたので ■■■■経て建久八年(西 暦1197)島津庄政所に着任し島津全■■の中心地であった■島津院のこの地に居 館を定め祝吉御所と称し 政治文花発展を■礎を築き■■■■島津の姓を名乗り島津 家の始祖となった。
 よって この地に居館門柱の跡と言い伝え■■■■■■■■■■■■■■■■ 島津駅の跡とされる馬頭観音の碑一基を■め 島津家発祥の地として■■■■■ のである
      昭和四十三年十月吉日  明治百年)
             都城市議会議長 柳田 盛彦 撰

(碑面が風化していて 碑文が読み取れない部分が多い。■で表示)

-----------------------------------
(祝吉御所跡 説明板)
県指定史跡
    祝吉(いわよし)御所跡
          指定年月日 昭和九年四月十九日
 ここは,島津氏の始祖忠久が鎌倉よ り下向して,御所(館)を構えた所と 伝えられる。当地は,古代・中世にお いて「島津」と呼称され,全国有数の 荘園として知られる島津御荘(みしょう)の中心であった。
 忠久は文治元年(1185)八月,源頼朝によって,領家の島津御荘下 司職(げすしき),ついで同荘八千町の惣地頭職,薩摩・大隅・日向三ヶ国の守護に任 ぜられるなど,その勢力のほどがうかがわれる。忠久は,はじめ惟宗(これむね)姓を 名乗ったが,地名をとって姓を「島津」と称した
 また当地の稲荷神社も彼の創建といわ れ,島津家代々の崇敬の厚い神社であった。
 島津氏は武家の名門であり,中世より 近代まで日本の歴史上に大きな足跡を残した。
 その名(苗)字がここに由来するのである。
    平成六年二月
        都城市教育委員会


 
島津家発祥之地碑
 島津家発祥之地 碑
祝吉御所跡
 祝吉御所跡
湧水と島津の発祥地
 “湧水と島津の発祥地”
 (ウエルネス都城)