発祥の地bannar
鳥居氏発祥地
 [とりいしはっしょうち] 


発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

場所
愛知県岡崎市渡町
コメント
JR東海道本線・西岡崎駅から東に1.7km。 矢作川の西, 東海道線の北に「渡八幡宮」がある。
神社の北東側 150mの民家の一角に「鳥居氏発祥地」の碑がある。 また これに隣接して「岡崎観光文化百選」という案内板があり, ここには 「鳥居氏一族の発祥地」と書かれている。

この地は かつて 鳥居氏の居住した「渡城」があったところで, 現在も土塁が残されている。

歴史にあまり詳しくない人間には「鳥居氏」と言われても, 「はて どこの 鳥居さんだったかな」と思ってしまうのだが, 徳川家康が 今川氏の駿府城に人質としていた時に, 岡崎城の惣奉行だった 鳥居忠吉が 食糧や武器を蓄え 家康帰還に備えていた, と聞くと「ああ そうだったか」と思い当る。

撮影日
2006年8月 (写真提供 T.K.さん)
碑文[1]
鳥居氏発祥地
        愛知県
碑文[2]
岡崎観光文化百選
    鳥居氏一族の発祥地

 鳥居氏は, 松平・徳川氏のために数々の功績をたてた譜代の忠臣です。岡崎 が今川氏の手にあった家康の苦難時代, 家臣の鳥居忠吉が今川形の城代の目を かすめて, 主君が帰城する日のために兵器や兵糧米をたくわえていた逸話は有 名です。また, 関ヶ原の闘いの直前, 伏見城を守って討ち死にした鳥居元忠も, 家康の忠臣として名を残しています。

[1]鳥居氏発祥地碑 [2]鳥居氏一族の発祥地
[1]鳥居氏発祥地 碑
[2]鳥居氏一族の発祥地


移転先 http://840.gnpp.jp/toriishi/