発祥の地bannar
上杉姓氏発祥之地
 [うえすぎせいしはっしょうのち] 


場所
京都府綾部市上杉町
コメント
JR舞鶴線の梅迫駅から北北東に1.5km。
国道27号線の“上杉”交差点から県道481号を東に入り,県道481号と県道74号にはさまれた一画に,1.5mほどの高さの石碑があり「上杉姓氏発祥之地」と書かれている。

上杉氏といえば,越後の戦国大名・上杉謙信が思い浮かび,そのルーツも越後のように思いがちだが,実は舞鶴市にも近い 京都の北部のこの地・丹波国何鹿郡上杉荘が発祥の地である。

上杉氏の始祖は 鎌倉時代の中頃まで京都の中級公家の家柄であった。
鎌倉幕府は源氏の直系が3代で滅び,その後は朝廷から皇族を将軍として呼び寄せていた。勧修寺重房は 鎌倉6代将軍となる宗尊親王に付き添って鎌倉に下向し,その功で丹波上杉荘を賜り,上杉氏を名乗った。
ちなみに,重房は室町初代将軍・足利尊氏の母(上杉清子)の父親であり,尊氏はこの地で生まれたとも伝えられる。
上杉氏は武士となり,室町時代には関東管領として強大な権力を有することとなり,関東から越後国にかけての広い地域に勢力を誇った。
しかし、戦国時代末期になると,山内・犬懸・扇谷・詫間の四家に分かれて内部対立を繰り返したため 次第に衰退し,新興の北条氏におされてその地位を失った。
最後の管領であった上杉憲政は越後に逃れ,有力武将となっていた長尾景虎に「上杉」の姓と関東管領の職を譲り渡した。景虎は長尾姓を捨てて上杉姓に改め,上杉謙信を名乗った。
豊臣秀吉の時代の末期に,上杉氏は越後から会津に移封され,江戸時代には徐々に減封されながらも米沢藩主として 明治を迎えた。

現在 全国に散らばる上杉家の末裔は“上杉家ゆかりの会”を結成し,2007(平成19)年に「上杉姓氏発祥の地記念碑」を建立した。

撮影日
2013年6月 (写真提供 K.T.さん)
碑文
上杉氏ゆかりの会有志来訪記念
    上杉姓氏発祥之地
       磯部市長 四方八州男謹書

 上杉姓ノ由来
初祖藤原重房公宮
家将軍宗尊親王ノ
東下ニ随行丹波国
上杉荘ヲ給付サル
依テ上杉ヲ姓トス
其ノ子孫室町幕府
足利将軍家ニ忠勤
抜群世ニ上杉ハ天
下ノ大姓ト称サル
  (姓氏関係事典より)

本碑奉献協力者
−−−−−−−−−−−−−
京都府綾部市長 四方八州男
建碑土地提供  上杉健介
−−−−−−−−−−−−−
 (以下38名の氏名・・・略)
−−−−−−−−−−−−−
━━本会の活動経過
平成十七年 出羽米沢旧跡訪問
平成十八年 東国伊豆旧跡訪問
平成十九年 当地に本碑を奉献
 上杉家ゆかりの会有志代表
  さいたま市上木崎
       大澤成四郎 誌
−−−−−−−−−−−−−−−
  平成十九年三月十八日
  河内屋石材株式会社謹製


 
上杉姓氏発祥之地 碑 同・裏面
上杉姓氏発祥之地 碑
同・裏面