発祥の地bannar
柳澤氏発祥之地
 [やなぎさわしはっしょうのち]


場所
山梨県北杜市武川町柳澤
コメント
JR中央本線の日野春駅から西に5km。
国道20号(甲州街道)の“牧原”交差点から県道612号線を3qほど西に入ると,道路脇の小さなスペースに 高さ3m近い大きな石碑「柳澤氏発祥之地」が建っている。
背後には甲斐駒ヶ岳やアサヨ峰などが広がり,雄大な景色が楽しめる。

柳澤氏は,元禄時代に徳川綱吉の側用人として活躍し,15万石の大名にまで昇りつめた柳澤吉保の家系。
甲州武田氏の武士団の中に 地域ごとにまとまった武士集団“衆”があった。その一つ“武川衆”から派生した青木氏が柳澤村に封を受け 柳澤氏を称したのが始まりとされる。
武田氏滅亡後は 他の諸将とともに徳川家康に属した。館林藩主であった徳川綱吉に仕えた柳澤吉保は,綱吉が5代将軍となるに伴い江戸に移り,側用人・老中格・大老格に就任して 当時の幕政を主導し,同時に武蔵川越藩主に封じられ,やがて甲府藩15万石の藩主となった。
綱吉の死後,吉保は隠居し 嫡男の吉里に家督を譲った。後に吉里は大和郡山藩に転封となり,柳澤家は明治まで続いた。維新後は伯爵となっている。

発祥碑の置かれたこの地は,柳澤氏代々の屋敷があった場所で,次のような説明板が設置されている。

     柳澤氏(弥太郎)屋敷跡
 柳澤氏は,鎌倉末期の甲斐守護一條源八時信の六男青木十郎時光を祖とする家系で,時光の六世尾張守安遠の次男弥十郎信興が柳澤村に封を受け,以後貞興(弥太郎)・信景・信兼・信久・信俊と代々にわたりこの地に住した。武田氏が滅び,徳川家康が江戸城に入った
天正十八年(1590),信俊は武川の諸士とともに武州鉢形領(現埼玉県寄居町)へ移り,慶長十九年(1614)采地において没した。居館址は『甲斐国志』に「中原という処にあり」とのみ記されているが,現在,中原という地名は伝えられていない。また,柳澤の人びとはこの辺りを「弥太郎屋敷」と言い伝えてきたが,度重なる大水害によってその痕跡を見ることはできない。
             平成17年3月  北杜市・柳澤史跡保存会

撮影日
2012年6月 (写真提供 T.K.さん)
碑文
柳澤氏発祥之地

    柳澤氏と吉保
柳澤氏初代信興は青木氏の出自武川衆の一員として武田氏に仕え六代に亘って当地に住み信俊の時武田氏が滅びた後徳川氏に帰属した
信俊の孫が吉保で子吉里と二代甲州藩主で 吉里の時大和郡山へ国替えになり爾後その子孫連綿として今日に至る

     平成二十二年十一月二日建立
        柳澤区
        柳澤史跡保存会
        北杜市商工会武川地区
        北杜市刊行協会武川支部

 
柳澤氏発祥之地 碑
 柳澤氏発祥之地 碑