発祥の地bannar
西郷南洲先生祖先発祥之地
 [さいごうなんしゅうせんせいはっしょうのち] 


場所
熊本県七城町西郷
コメント
熊本市の北方 約20kmに 七城町(しちじょうちょう)が, この町の"西郷"という 地区に 若宮神社 がある。増永城址 でもある。
神社の境内に 大きな自然石に 徳富蘇峰の筆になる「西郷南洲先生祖先発祥之地」 という石碑が建っている。

西郷南洲は 言うまでもなく 西郷隆盛の号だが, 最近の人で 西郷を知らない人も 少なくないようだ。
西南戦争を起こし 政府軍に追われ, 最後は 自決して果てた人でありながら, 地元 鹿児島では 今でも敬愛すべき人物として 慕われているのは, 彼の 人柄の良さ おおらかさのせいだろうか。

西郷隆盛自身は 薩摩藩下級武士の家の出で 薩摩の生れだが, その祖先は 肥後(熊本)で, 元禄年間(1690年ごろ)に 島津家の臣となって, 薩摩に移ったとされる。

撮影日
2004年10月
碑文
西郷南洲先生祖先発祥之地
      蘇峯菅原正敬書

(案内板)
 ここの集落は西郷と云い, 西南の役薩軍の将, 西郷隆盛の先祖発祥の地 と言われます。
 また, この一帯は菊地18外城の1つ増永城址 代々の城主は初代菊地則隆の子, 西郷太郎政隆の一族でした。その後裔 26代西郷九兵衛昌隆の時, 薩摩に移り住んだという記録があります。 初代西郷太郎から32代目が 西郷隆盛になります。 境内の記念碑『西郷南洲先生祖先発祥之地』徳富蘇峰筆。 熊本三州会・加茂川村有志・熊本県有志による昭和27年10月の建立です。

西郷南洲先生祖先発祥之地碑 説明板
西郷南洲先生祖先発祥之地 碑
 
同 案内板
 
若宮神社
若宮神社