発祥の地bannar
群馬県ボーイスカウト運動発祥之地
 [ぐんまけんぼーいすかうとうんどうはっしょうのち]


発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

場所
群馬県高崎市新町
コメント
JR高崎線の新町駅から北東に800m。
新町第一小学校の北西側に隣接して“於菊稲荷神社”がある。 神社境内の南隅(南参道入ってすぐ)に 1.5mほどの高さの 茶色の石碑が建っている。

ボーイスカウトは,戸外活動を通じて心身ともに健全な青少年の育成・教育を目的とする運動で, 20世紀初めにイギリスで始まった。
日本に紹介されたのは 1908(明治41)年で,各地に「東京少年軍」「大阪少年義勇団」「静岡少年団」 などの名称の組織が結成され,次第に全国的な活動になった。
太平洋戦争の開戦に伴い 軍国主義的色彩の強い「大日本青少年団」の体制となったが,終戦にともない解散。
戦後は「ボーイスカウト日本連盟」が発足して全国的な活動に発展した。

群馬県においては,1922(大正11)年に この地でいち早く「新町義勇団」が結成され, 戦後は“ボーイスカウト新町第一団”となった。このことにより この地は「群馬県ボーイスカウト活動発祥の地」 となった。

撮影日
2008年10月
碑文
群馬縣ボーイスカウト運動発祥之地

  1976年11月28日建之
  新町少年義勇団史刊行委員会
    日本ボーイスカウト新町第一団
        針谷正之書


 
群馬縣ボーイスカウト運動発祥之地碑 於菊稲荷神社 神楽殿
群馬縣ボーイスカウト運動発祥之地 碑
於菊稲荷神社 神楽殿

移転先 http://840.gnpp.jp/gunma-boyscout/